仕事がデキる人から学びながら自分に必要なスキルや資格が見つけられる情報サイト

デキるビジネスマンになるためにオススメのスキルと資格

仕事がデキる人から学べることを吸収しよう

多様かつ柔軟な「働き方改革」が叫ばれるなかで、より高い成果を得るためには仕事の中身のレベルを高めるとともに、仕事の領域の幅を拡げるなどの取り組みが求められます。
そのようななかで、仕事をテキパキとこなす、いわゆるデキる人は仕事のみならず日常生活においても重宝されています。
こうしたデキる人になるための一つの切り口として、仕事への適応能力を上げるためのスキルの蓄積やその専門性に精通する資格を取得することが挙げられます。
この場合には、あらかじめ自分の能力やスペック、関心事、これまでの職務経験などを踏まえたうえで、将来を見据えながら、自分の専門領域を選択する必要があります。

この選択は、そう簡単に決められるものではありません。
それでは、どのようにして選択すればよいでしょうか。
そのとっかかりとして、興味深い仕事に関する本や新聞などの情報を取り込むことから始めるとよいでしょう。
関心がある業界関係のビジネス書や新聞、ウェブサイトなどから新たな知識を情報収集することができます。
この情報収集により、社会全般との関係が把握できるとともに、専門性を深めるためのアイデアを得ることで必要な資格取得のインセンティブを得ることができるはずです。

さらに、社会人としての教養全般を底上げするために、時には仕事とは無関係のことや無関心なことにもチャレンジしてみましょう。
この取り組みにより、自分の隠れた能力を発見し、仕事に活かせる新たなスキルに発展する可能性があります。
新たなスキルの習得を通じて、新たな出会いも増えてくるので、人脈が広がる余地も出てきます。
また、これまで経験がないことに関わることで発想力が高まり、仕事の専門領域が拡がるなどの将来の変化にも柔軟に対応することができるでしょう。

これらの取り組みにより、情報収集力やその活用能力が養われて、自分にふさわしい専門領域を確立することができるでしょう。

TOPへ戻る